脱毛 大阪

MENU

永久脱毛について解説

永久脱毛と一般の脱毛の違いとはなんでしょう。

 

米国電気脱毛協会の永久脱毛の定義は、
『脱毛が終了して1カ月後の時点での毛の再生率が20%以下である場合』
とされています。

 

自己処理でワックスやクリーム、カミソリ、毛抜きなどを使った場合、肌表面から見えている
部分のムダ毛だけを溶かす、剃る、抜くということになります。

 

毛は、肌の中の毛乳頭という部分から作られています。
ですので、毛乳頭が元気である限り、抜いても剃ってもまた生えてきます。

 

医療機関や脱毛サロンでの脱毛は、この毛乳頭の部分を破壊したり、
ダメージを与えることでムダ毛を生えにくくします。

 

 

永久脱毛は、脱毛サロンだけではなく医療機関でも行われていますが、
それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

医療機関での脱毛の主流は「レーザー脱毛」です。
これは黒い色素に反応するレーザーをお肌に照射することで、毛乳頭を破壊します。

 

メリットは、永久脱毛の効果が高いことです。

 

デメリットは、痛みが強いこと。
痛みの感じ方には個人差がありますが、輪ゴムでパチっとはじかれた感じといわれています。
また、医療機関のレーザー脱毛は、サロンでの脱毛に比べると高額な場合が多くなります。

 

 

脱毛サロンでの脱毛の主流は「フラッシュ脱毛」。

 

カメラのストロボのような光をお肌に当てて、毛乳頭を破壊する方法です。
光のエネルギーが黒い色素に反応するという点はレーザー脱毛と同じですが、
レーザーよりは威力が弱いものになります。

 

メリットは、痛みが少ないこと。
ほんのり温かく感じる程度という人が多いです。
また、1回の照射で光が広い範囲に拡散するので、施術時間が短くなります。
費用も、医療機関に比べると格安で済むケースが多くなります。

 

デメリットは、レーザー脱毛に比べると脱毛の効果が感じにくいということでしたが、
今は様々な脱毛サロンで器具や施術方法の研究が進み、以前ほどの差は無くなってきていると言えます。

 

そういった点からも、今は脱毛サロンに通う人が増えてきている様です。

 

 

それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分の体質や毛質、部位によって
使い分けるというのもひとつの選択肢になります。